>  > 紛らわしい料金だと思いました。

紛らわしい料金だと思いました。

童貞だったためにソープを使えるようになった時は舞い上がりたいほど嬉しくなりました。しかし、当時は如何に浅はかな行動だったのか反省するようになりました。多分、風俗を使いこなせるようなプレイボーイには常識的な知識かもしれません。童貞だったとは言えど、さすがに無知だったかもしれません。実は入浴料金しか掛からないものだと思いました。風俗嬢を抱けるのに一万円はかなりお手軽だと思いつつ、お店に行きました。事前にスタッフに一万円を払った後に風俗嬢に案内されました。一応、風俗嬢とは盛り上がったプレイに発展しました。童貞だったし、さすがにムラムラした気分を我慢することは出来ませんでした。射精する回数は一回じゃ物足りないように思いました。風俗嬢からは催促されるし、そのまま遠慮せずに何回かプレイしました。気付かなかったけど風俗嬢には射精した回数をカウントされました。結果的には帰り際に三万円を払いました。何とか無事に支払えました。後日、詳しいことを調べました。ある意味、四万円は童貞を卒業するには良心的な値段かもしれません。しかし、入浴料金しか表記しないことは紛らわしいように思いました。

[ 2015-12-22 ]

カテゴリ: ソープ体験談